光美顔でアンチエイジング|美しさを追求するためにクリニックでたるみ治療を受ける
婦人

美しさを追求するためにクリニックでたるみ治療を受ける

光美顔でアンチエイジング

ドクター

美白や美肌効果がある

エイジングケアができる化粧品は沢山あります。しかし、加齢で深くなってしまったたるみや濃くなってしまったシミを自分で治すのには限界があります。どうしても治したい場合は美容皮膚科があります。美容皮膚科では、シミを消す治療や、たるみを消す治療ができます。シミもたるみも一度に治すことができるのが、フォトフェイシャルなどの光美顔です。光美顔ではIPLやCIPLなどの光を頬にあてます。そうすると頬にできたシミ、そばかす、ニキビ跡などがかさぶたになって剥がれ落ちます。また、頬の毛赤が引き締まり、その結果たるみが改善されます。体に無害な光なので、頬に照射しても火傷をする心配はなく、痛みもほとんどない治療です。

安全に照射するには

光美顔でシミやたるみを治すには、いくつかの条件があります。まず肌が健康な状態であることが第一条件です。肌荒れがひどかったりニキビがあったりすると、光の作用で悪化する恐れがあります。また、極度に顔を日焼けをしていると、光をあてたときに痛みが出ることがあります。日焼けをしている人が治療をしたい場合は、安全のために日焼けが治るのを待つ必要があります。光美顔をしたあとは、一時的に肌から水分が奪われるので乾燥がひどくなります。乾燥は放っておくとシワやたるみの原因になります。せっかく治療をした効果を台無しにしないために、保湿を心がけることが大切です。光美顔は5回をワンクールにして一ヵ月おきにするのがお勧めです。