肌に優しいリフトアップ|美しさを追求するためにクリニックでたるみ治療を受ける
婦人

美しさを追求するためにクリニックでたるみ治療を受ける

肌に優しいリフトアップ

顔を触る婦人

外科的治療ではない安心感

ウルセラは肌の内側にある筋膜に働きかけをする超音波治療のことです。フェイスリフトの手法として、広まるようになりました。外科的な手術をすると即効性は得られますが、肌の回復に時間がかかることや、失敗の可能性があることも指摘されています。そのようなデメリットを解消できるのがウルセラで、超音波によって皮膚の内側に働きかけることから、肌の表面に傷を作ることはありません。また、肌質に影響されずに、どなたでも使える治療法なのもメリットでしょう。内側に熱ダメージを与えるので、施術中は肌に音感があります。個人差はあるものの、麻酔を使用するような痛みを感じないのも安心感があると評価されています。効果の実感まで時間がかかる場合もありますが、安全性の高い施術が受けられます。

コストパフォーマンス検討

ウルセラは、肌ダメージの少ないリフトアップを実現してくれます。ただし、効果には少し時間がかかる場合もあり、持続効果は6か月から1年程度だと言われています。そのため1年間に1〜2回の施術が必要で、1回当たりの費用は40万円前後です。レーザーを照射する方法は5万円以内の費用で安く見えますが、施術回数は初めの1か月間でも5回程度が必要なので、年間費用はあまり変わりません。たるみ改善の手術は、5〜10年程度の持続が期待できるので、費用対効果が高いですが、肌を傷つけるのがデメリットでしょう。肌に優しく効果の持続時間も比較的長いという2つの条件をクリアできることを考えれば、ウルセラはコストパフォーマンスが良いと判断できます。